書き癖に合わせてペン先の角度、 インクの出方を左右する溝などを調整し、仕上げに”手彫り”のネームを入れる。

メーカー製でありながらイージーオーダーしたオリジナル。

同店で購入した万年筆は生涯保障。




◇ 代々続いた万年筆一筋の鋭い目が一本一本の万年筆の繊細な構造へと厳しく向けられる。お客様にお試ししていただくだけになるペンであろうと『納得のいかないものは店頭には並べたくない』

お店に並べられた万年筆には、すべて社長の厳しいチェックが入る。一本一本分解・調整が加えられ究極の1本と仕上げられるのです。





◇ 店名の『マツヤ万年筆病院』の名そのものに、お客様の万年筆の体調不良(?)も骨折(?)も総合病院として的確な診察・診断と処方がなされ、退院してお客様の手元に戻る。一生もののペンをお薦めしたからこそ、『一生かわいがっていただけるよう、最大限の努力を惜しまない。』


筆ペン:くれ竹

 2,000円台からあるペンタイプの筆ペンの高級バージョン。ご贈答に大人気の商品です。年末年始のご挨拶や慶弔時に一家に一本あると便利な筆ペンだからこそ、お礼やお返しなどのご贈答におすすめです。

AURORA:ITALY

 独創的なデザインと機構・機能を持つ作品を製作し、「機能」と「デザイン」の一致を追及。常に時代の要求に対応してきました。イタリアを代表する筆記具メーカーです。

ペリカン:万年筆・シャープペンシル・ボールペン・水性ボールペン

 同じメーカーで揃えないと気がすまない方におすすめはペリカン。画材メーカーが前身のドイツ製、ペリカン社のこのシリーズは、カラーもグリーン、ブルー、ボルドーから選べて年齢を選ばない。書き心地も絶品なので、送り物にも文句なしの商品です。殊に水性ボールペンはマツヤさんをして『水性ボールペンの王様』の名を欲しいままにする一本です。

セーラー:赤軸&黒軸 万年筆

 2万円前後ご予算で万年筆をお探しのお客様には必ずおすすめするセーラー社のこの商品。2万円台というお値段にも関わらずちゃんと金製のペン先がほどこされている。舶来物ではP社のみしか金のペン先を使っているものがこの価格帯にないということからもおすすめの理由がわかる。



この度、「マツヤオリジナル」として万年筆を発売いたしました。

写真の同軸の部分は、パイプの材料に使われる「ブライヤー」を使用した一品です。

105,000円(税込)








ペリカン トレード

看板娘

 『もったいなかぁ、この前買いなさったばっかりとにぃ、また買いなさっとね。そんげんお金の余っとっとやったらお賽銭にでもしなさったほうが良かよ。え?!一部屋ごとに置いときたかって?どこの部屋でも書けるごとぉ?うちは儲かるばっかりばってん、贅沢っかねぇ。』

『ダメダメ、あんたんごたる大きか手の人には、こん華奢かペンは合いなさらんよ。書いてみてみなさらんですか。ね、書きにっかろぉ。』

『お金ばもっとんなる人やろうが、すこぅししかもっとんならん人やろうが、社長さんやろうが、小学生やろうが、棺おけに片足つっこんどんなさろうが、うちにペンば買いにきなるお客様には変わりはなかとやっけん、お客さまごとに対応ば変えたりはせんよ。誰(だい)にでも、すいたごとしか言わんしね。うちたちも本当にペンば好きけんね。ペンば好いとって、よう使いなるお客さんが来てくれるとが嬉かねぇ。お客さんからはいろいろ教えてもらうことばっかりよ。』

『社長?あぁ、あんひとは万年筆のことしか考えとんならんとよ。寝ても醒めてもねぇ。万年筆一筋やけん。他はなぁんもできなさらんと。ばってんが、万年筆にかけては日本一ってうちたちも思うとるし、誇りやけんねぇ。なんでも言うてみんですか。社長にできんことはなかって思うとっとよ、ほんと。』

長崎弁の中でもお店をされている方が使われるきれいな長崎弁で奥様や若奥様が接客をされる店内。饒舌で話し上手、接客上手な看板娘たちの作る空間に本来であれば足を運んでみていただきたいものである。『口の悪かけんねぇ』と辛口の会話を気にされるが、そのにこやかな笑顔とやわらかな物腰に、客は懐かしさや親しみを感じこそすれ、決して悪くは思わないだろう。まさに『看板娘』たちのいる店である。

一筆添える、心を添える

 季節のお便りも、お礼の葉書もこの数年で印刷会社にオーダーしたのかと見まがうほどの素晴らしい彩のものとなり、驚くほどです。ダイレクトメールなのか知人のお便りなのかもわからないようになりました。
完璧な文章ときちんと並んだ印刷の文字・・・
ただ、送り主の姿が見えなくなっているような気がして・・・

右肩あがりの癖のある文字、角ばった強い筆圧の文字、コロコロとした丸い文字、大きな文字や小さな文字、達筆であろうともなかろうとも、手書きの文字は面影を、表情を、その心までも想起させてくれると思いませんか。

パソコンで作った葉書に一筆、心を添えてみましょう。
立派な文章、整然とした文字のお便りにも、自信たっぷりにサインをいたしましょう。 
そう、とっておきのお気に入りのペンで。

Miho Mori
 
Copyright (c) 2004-2004 Media Road, All Rights Reserved.